代表取締役 林 彰一(はやし しょういち)

Seven Generation Sustainability”( 七世代先の未来へ)

 

大平の眠りを覚ました2011年3月11日の東日本大震災と福島第一原発事故によって、私も世界観が大転換した1人です。2012年初めにはドイツ視察に出かけ、多様な再生可能エネルギー普及の勢いや、コンラート、ゴアレーベン処分場候補地の地下1000m坑道に深く潜って放射性廃棄物の難問を、それぞれ肌身で感じてきました。行く先々で「日本は緯度が高いドイツより日射量に恵まれ羨ましい」と励まされ、学ぶ内に日本でも再生可能エネルギーによる社会変革は可能だと確信できました。


帰国後、長野県小諸市などで、太陽光市民共同発電所の建設に携わった経験から、仲間、コミュニティの力はたとえ小さくみえても、地球を支えるバクテリアのように偉大だと実感するようになりました。
事故後も思うにまかせない原発を含むエネルギー政策論争の泥沼に一喜一憂するだけでは時間がもったいない。
Seventh generation(7世代先)の子ども達へバトンを繋いでいくために、地道に畑を耕し、種を蒔くように、1枚でも多くの太陽電池が日本中で活用されるプロジェクトを、有志の方々と一緒に推進していきたいと願っています。

 

[プロフィール]
1961年宮崎市生まれ。1984年横浜国立大学経済学部卒業後、ソニー株式会社、ソネット株式会社にて主に新規事業立ち上げ、マーケティングを担当。2009年より(株)エコロジア代表取締役。同年、自宅に4.05kW太陽電池を設置。


宅地建物取引士(東京都 第121273号)
第二種電気工事士 (東京都 第176846号)ー電気技術者試験センター

蓄電池設備整備資格者(免状番号B150244)ー電池工業会
太陽光発電アドバイザー(第1210196号)ー日本住宅性能検査協会
家庭の省エネエキスパート[診断・指導級] (認定番号1213A0028)-省エネルギーセンター
eco検定合格(eco-people 12-1-03046)-東京商工会議所
2級エクステリアプランナー(登録番号4786)-日本エクステリア建設業協会


品川区環境記者
(一社)エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク テクニカルアドバイザー
NPO法人太陽光発電所ネットワーク 市民ファンドサポートセンターアドバイザー

    同 電力自由化対応プロジェクト 事業企画担当

 

  日本太陽エネルギー学会 会員(45042)

 

【好きなことば】

【マハトマ・ガンジー語録】
• 明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい
• 良心の問題に関しては、多数決の法則は適用されない
• 幸福とは、考えること、言うこと、することが調和している状態である
• 「7つの社会的な罪」
1. 理念なき政治  Politics without Principles
2. 労働なき富   Wealth without Work
3. 良心なき快楽  Pleasure without Conscience
4. 人格なき学識  Knowledge without Character
5. 道徳なき商業  Commerce without Morality
6. 人間性なき科学 Science without Humanity
7. 献身なき信仰  Worship without Sacrifice


【マザー・テレサ語録】
• 世界で一番恐ろしい病気は、孤独です。
• もし貧しい人々が飢え死にするとしたら、それは神がその人たちを愛していないからではなく、

  あなたが、そして私が与えなかったからです。
• 人は不合理、非論理、利己的です。気にすることなく人を愛しなさい。
• あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。気にすることなく善を行いなさい。
• 目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。気にすることなくやり遂げなさい。
• 善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。気にすることなく善を行い続けなさい。
• あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。気にすることなく正直で誠実であり続けないさい。
• 助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。気にすることなく助け続けなさい。
• あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。蹴返されるかもしれません。気にすることなく最良のものを与え続けなさい。